Valcucine


10 YEARS WARRANTY 製品の10年保証

耐久性と信頼性はValcucineの最大の特徴の1つです。
時代を超えたデザインのキッチンを作り、
それを長く使って頂くことは、
地球環境に対して私たちができる最大の貢献です。
私たちは購入後、お客様登録をしていただいた方に向けて、
製品の10年保証を行なっています。


MAINTAINANCE お手入れ

  • DOOR扉

    DOOR

  • WORK TOPワークトップ

    WORK TOP ワークトップ

ラミネートドア

  • お手入れ方法

    ラミネートのドアのお手入れには、窓クリーナーで軽く湿らせた柔らかい布を使用してください。

  • してはいけないこと

    強力な洗剤、研磨剤、酸性水除去剤、漂白剤は、表面を変質させる恐れがあるので使用しないでください。
    ワックスやシリコンが含まれている製品は、表面の質感が変わってしまう可能性があるため、使用しないでください。

    警告:アルミ部材の表面を漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で洗浄しないでください。表面が陽極酸化されて表面が汚れてしまう可能性があります。

アルミニウム積層板およびアルミニウム仕上げ

  • お手入れ方法

    アルミニウムラミネートドアは、特別な塗料でコーティングされているので、傷がつかないよう注意が必要です。重い汚れを取り除くには、アルコールやアンモニアを含む窓用クリーナーを使用してください。

  • してはいけないこと

    強力な洗剤、研磨粉、酸またはアルカリ水垢除去剤または漂白剤は、保護仕上げを損なう可能性があるため使用しないでください。

    警告:アルミ表面を漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で洗浄しないでください。表面が陽極酸化されて表面が汚れてしまう可能性があります。

ガラスとガラスのドア

  • お手入れ方法

    ガラスは焼きなましされているので、通常のガラスの5倍の耐性を持っています。破損した場合、ガラスは小さな破片に分割されます。このガラス破片は、非常に高い対汚染性を持っています。
    ガラスは、特に光沢仕上げが施されている場合、非常に汚れが目立ちやすいため、汚れを取り除くには、ガラスクリーニング製品または洗剤を使用してください。

  • してはいけないこと

    酸処理された金属材料でこすると、ガラスの微小空洞内に金属が残ったり、および酸処理によって生成された微小隆起部で表面が破損することによる部分的な跡が残る。これは滑らかなガラスでは稀な現象です。ガラスは、それよりも硬い材料(ダイヤモンドや硬質石、セラミック、タイル、プレート、クリスタル)で切断されていることに留意してください。

ラッカードアおよび他のラッカー塗装部材

  • お手入れ方法

    ラッカードアの表面仕上げを維持、表面の損傷を避けるためには特別な注意が必要です。お手入れには、非研磨性の柔らかい布を使用してください。

  • してはいけないこと

    溶剤、アセトン、または研磨剤を含む製品は、ドアの表面仕上げを傷つける可能性があるため使用しないでください。
    ワックス、アルコール、シリコンが含まれている製品は、表面の明るさや色合いに違いが出てしまう可能性があるため使用しないでください。

    警告:アルミニウム表面を漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で掃除しないでください。表面が陽極酸化されて表面が汚れてしまう可能性があります。

CRISTALITE(人工大理石)ワークトップ 

  • お手入れ方法

    アクリル製のワークトップを清掃するには、水と中性洗剤を使用してください。
    手ごわい汚れを取り除くため、また、表面の初期輝度を元に戻すためには、スコッチブライトスポンジ(不織布の研磨剤製品)でワークトップをこすります。
    アクリル製のワークトップは、厳しい基準を完全に満たしていますが、その上で直に包丁を使うことには適していないため、木製またはポリエチレンのまな板を使用することをお勧めします。熱いポットやコーヒーメーカーを置く際は、鍋敷き等を使用してください。

  • してはいけないこと

    アクリル製のワークトップは耐性がありますが、製品によっては表面が損傷することがあります。
    溶剤、アセトン、酸との接触した場合、豊富な水で洗い流し、細かいスコッチブライトスポンジでこすると表面仕上げが改善されます。

ラミネートワークトップ

  • お手入れ方法

    ラミネートのワークトップの掃除には、アルコールまたは中性の液体洗剤を使用するのが一般的です。(硬度の高い水の場合には、水垢が形成されてしまうため、それを取り除くには、酢または水垢除去剤に浸したスポンジで表面をこすり、すすぎ、乾燥させます。)
    作業台のアルミ部材を清掃するには、中性洗剤、液体洗剤、非研磨洗剤のみを使用してください。

  • してはいけないこと

    私たちのワークトップは高圧ラミネート(HPL)で作られております。
    作業台の表面の明るさや質感を損なう可能性のある酸、研磨剤、粉剤は使用しないでください。
    作業台に鍋を置かないでください。(特に、熱い油を入れた鍋、圧力鍋またはコーヒーメーカー)
    ラミネートワークトップはその上で直に包丁を使うことに適していないため、木製またはポリエチレンのまな板の使用を推奨します。
    作業台に汚れを残す可能性があるため、水垢除去剤を長時間放置しないでください。作業台にはアイロンをかけないでください。

    警告:アルミ部材表面を漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で洗浄しないでください。表面が陽極酸化されて表面が汚れてしまう可能性があります。

ビーチ製カウンタートップ

  • お手入れ方法

    木材は、表面が薄いオイルニスコートで保護された材料です。清掃のためには、丈夫な濡れた布を使用することをお勧めします。扉は木目に沿って清掃し、汚れをよく取り除いて乾燥させる必要があります。
    非研磨性の柔らかい布を使用することをお勧めします。

  • してはいけないこと

    シンクやコンロの近くにビーチ製カウンタートップを置かないでください。水漏れや過熱を防止するために絶縁バリアを設ける必要があります。
    表面に傷をつける可能性のある研磨製品は使用しないでください。
    ワックスやシリコンが含まれている製品は、表面の明るさや色合いに違いが出る可能性があるため、使用しないでください。布巾等を使うときは、余分な水を取り除いてから使ってください。

    警告:アルミ部材を漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で洗浄しないでください。表面が陽極酸化されて表面が汚れてしまう可能性があります。

大理石と花崗岩のワークトップ

  • お手入れ方法

    すべてのワークトップは、製造時に汚れ防止のトリートメントで処理されます。この処理は、定期的に繰り返すことをおすすめします。
    処理方法:
    ①湿った布で作業台を拭いて完全に乾かします。
    ②防水性の汚れ防止製品を布でカウンター全体に広げてください。
    ③乾燥させてから、乾いた布で作業台を拭いてください。
    毎日の清掃には、水拭きと中性洗剤を使用してください。またはアルコールとアンモニアを含む窓クリーナーを使用してください。

  • してはいけないこと

    ワークトップを掃除するときには、砥粒(研磨に用いる硬い粒子)やワークトップを傷つけてしまうような製品、金属ウールや酸性洗剤を使用しないでください。

    警告:汚れ防止処理は大理石を酸腐食から保護するものではありませんので、レモン、酢、ワインなどの大理石の作業台に酸性物質を残さないでください。花崗岩の作業台は酸に対する耐性が比較的高いです。 コーヒー、生肉、野菜などの色の濃い物質は、汚れてしまう可能性があるため、長時間作業台に放置しないでください。

ワークトップ、バックパネル

  • お手入れ方法

    ワークトップとバックパネル:付着した汚れを取り除くためには、シンクの近くは水垢除去剤、アルコールやアンモニアを含む製品、スチール用の洗浄剤を使用してください。

  • してはいけないこと

    研磨材の粉末や製品は表面を傷ついてしまうので使用しないでください。メタルウールスポンジは使用しないでください。

    警告:塩化水素、排水口用洗剤は、ステンレス鋼を腐食する可能性があるため、シンクまたはスチール部品の近くに保管しないでください。
    スチール用の洗浄剤はラミネートワークシートと接触しないでください。表面を損傷する可能性があります。


ABOUT THE DEALER 日本での販売代理店について

日本国内のValcucineキッチンの販売は、1949年の創業から長年にわたるキッチン販売の実績を持つクリナップ株式会社が、輸入から販売・アフターサポートまで請け負っています。


CATALOG DOWNLOAD PDFカタログのダウンロード

  • GENIUS LOCI'S CATALOGUE-NEW
  • CATALOGUE ANTOLOGIA VALCUCINE-NEW
  • PURCHASING GUIDE

Valcucine本国サイト(英語)に飛びます。
ご希望の商品のカタログをダウンロードしてください。
日本語での案内、集約版のカタログをご希望の方は
お問い合わせください。